アメリカで2人目妊活。

2016年12月、夫と1歳の息子とアメリカに引っ越してきました。不安だらけの海外での妊活を記録します。

アメリカの病院、予約の流れ。

カリフォルニア、ベイエリア在住です。

この周辺、車で行ける範囲に日本人産婦人科医の先生が3人おられるようです。皆さん、住んでいる地域や、保険の種類で先生を選ばれているみたいです。

 

保険でカバーされる先生を見つける。

私の保険でカバーされるのはMountain Viewのイノウエ先生です。妊活中から調べて、イノウエ先生に診ていただきたい、ということは決まっていたので、あとは予約を取るのみでした。ただ、他の方のブログを拝見していると、日本のようにすぐには見てもらえないようで、妊娠10wあたりが初診になることが多いようです。それでも予約は早めに取らないと、人気の先生は忙しく、予約がさらに先になってしまうみたいです。

 

ホームドクターを通すかどうか。

市販の検査薬で陽性も出たので、いざ病院を予約です。

ここでまずはホームドクターに診ていただき、先生を紹介していただく、という流れもあるようですが、私は越してきてからまだ病院に行ったことがない=ホームドクターもいない、こんな状況なので、直接イノウエ先生に予約を入れました。紹介も何もありませんでしたが、問題ありませんでした。先生のページにも"accepting new patients"(新規患者受け入れ可)とあります。

Dr. Takeshi Inouye, MD | Palo Alto Medical Foundation

 

予約は電話が早い?

イノウエ先生が所属されるSutter Health Palo Alt Medical Foundationはオンラインでも予約ができるようですが、初回の登録に時間がかかりそうで諦めました。登録手続きは郵送かFAXのみのようです。妊活中に済ませておけばよかったのかも。

はじめは夫(非アメリカ人・英語母語)に予約の電話を頼もうかとも思ったのですが、症状など色々と聞かれると面倒かも、と思い、勇気を振り絞り自分で電話してみました。今思うと、頼めば通訳の方を介してくれたのかな!?

 

いざ、電話の予約をかける。

ドキドキしながら電話をかけると、応答したのは機械でした。少し緊張の糸がほぐれ、分からなければ切ってしまおうとも思えました。

まず、「予約の方は1を」と言われ、1を押します。

次に、「新規の方は1を」と言われ、1を押します。

そいして、「順番に繋ぎます」と言われしばらく待ちました。息子がお昼寝から起きる時間が近づきヒヤヒヤしました。

 

予約の前にまずは個人情報の登録。

緊張していたから長く感じたのかもしれませんが、だいぶ待ったのち、プルルルル、と鳴り、「どうされました?」と係の方が出られました。ここで"I'd like to make an appointment with Dr Inoue."「イノウエ先生の予約が取りたいです。」と伝えました。

まずは電話が切れた時のために電話番号を聞かれます。

次に名前、保険の種類、番号を聞かれます。保険会社に確認する間に、個人情報を登録していきます。

誕生日、住所、緊急連絡先、夫の勤務先、診察時に希望する言語、通訳が必要か、Eメールアドレスなどを聞かれ、登録完了です。

 

 個人情報はメモで用意しておくのが無難!

日本だと、予約時にここまで個人情報が必要だったことがなかったので何も準備していませんでした。

まず"date of birth"と聞かれ、一瞬分からず固まってしまいました。ん?birth=出産予定日!?違うよな…あぁ、"birthday"ですか、と聞いてしまいました。日本語でもこういう場合は「誕生日」でなく、「生年月日」と聞かれますもんね…。ちなみにアメリカは「月/日/年」が日付を表す順番です。"January/1st/2017"といった具合です。

緊急連絡先はもちろん夫なのですが、電話番号を覚えていなかったので、こちらも焦りました。iPhoneのアドレス帳を確認、メモを取り、それを伝える…、ずいぶん待っていただきました。夫の誕生日も聞かれましたが、普段英語で言い慣れていないのでこちらも戸惑いました。

診察時の希望言語は日本語、と伝えると、イノウエ先生がおられない時には通訳が必要ですか、と聞かれました。医療用語など不安だらけなので、お願いしました。

Eメールアドレスは予約の連絡などを送ってくださる、とおっしゃっていたような気がしますが、今のところ何もきていません。予約が近くなったら来るのか、それとも私の勘違いなのか…。

最後に次回から使える登録番号を教えていただけました。次回からはこの番号を伝えるだけでいいそうです。
ここでこの方との電話は終わりです。 次に予約係の人に繋がれました。

 

やっと予約!

また「どうされました?」と聞かれ、再度、イノウエ先生の予約が取りたい旨を伝えました。

「どういった診察内容ですか?」と聞かれ、"I think I'm pregnant."「妊娠していると思います。」と伝えました。これはもっと何か言い回しがあるのかな、と思いつつ、分からないので、ストレートに伝えました。

続いて最終月経初日を聞かれ、それ以上は症状など特に聞かれず。予約の空きを確認していただくためしばらく待ちました。

ずっと先の予約だろうと思い、6月のカレンダーを開けて待っていたのですが、5月末に診ていただけることになりました。9wあたりでの初診になりそうです。

 

2人目妊娠、診察時に1人目の子は?

私は少しでも早く診ていただきたかったので、一番近い空きをお願いしました。平日の午後、息子のお昼寝の時間帯です。幸い夫の仕事が融通の利く会社なので、その日は夫に自宅にいてもらえるのですが、皆さんどうされているのでしょう?

初日は書類など記入するものがあり、30分前には来るように言われました。お昼寝の時間じゃなくても、息子と一緒に行くのは大変そうです。日本だったら支援センターで預かってもらえるのになー、と無い物ねだり。アメリカはやっぱり皆お金を払い、どこかで見てもらってるのかな?それとも一緒に行くのかな?これから毎回、夫と息子は留守番、私は1人で病院になりそうです。息子の時は土曜日にできるだけ予約を入れてもらい、夫と一緒に行っていたので少し寂しいですが、状況も違うので仕方ないですよね。

 

何はともあれ、予約完了!

今のところ、出血やつわりなどもなく、いつも通りの生活です。予約までまだ1ヶ月ほどあるので、そわそわ落ち着きませんが、お腹の赤ちゃんを信じで楽しみに待ちます。

食欲が増しているのか、むくみなのか、もうすでに体重は1kg増です…!体重は気になりますが、ひとまず初診までは無理をせず、穏やかな生活を心がけようと思います。

f:id:ichi-manmaru:20170424010925j:plain