アメリカで2人目妊娠中。

2016年12月、アメリカに越してきました。2017年12月、第2子をアメリカで出産予定です。

妊娠12週、アメリカで2回目妊婦健診。

つわりが辛い時には、日々とても長く感じ、早く夫帰って来てー!早く週末来てー!、なんて思っていたのに。

2人目以降は妊娠生活があっという間とはよく聞きますが、こういうことなのかな。

自分が辛くても、1人目妊娠時のようにゴロゴロもできないし。

つわりもピークを超え、検診までの3週間、気づけばあっという間に過ぎていました。

 

自宅で採尿を済ませ、病院へ向かいました。

(今回は携帯電話を忘れてしまい、所要時間の記録が大雑把になります。)

予約時間の3時丁度に到着し、受付を済ませ少し待ちました。

そして前回同様、看護師さんに名前を呼ばれ、体重・血圧を測定してもらい診察室へ。

尿検査を看護師さんに提出します。

変わらず葉酸は飲んでますか?と聞かれ(英語)、一瞬何のことか分からず聞き返してしまいました。

普段聞きなれない英単語が出てくると、全く聞き取れず駄目です。

 

看護師さんが退室し、先生を待ちます。

今回は着替えもなく、しばらくぼーっと待ってました。

先生が来られ、出血の有無や体調の変化を聞かれ、2回目のエコー。

今回は日本の健診同様、お腹の洋服をずらすだけでした。

ただ、看護師さんはおらず、先生だけなので、自分でお腹を拭いたりした点が違うくらいかな。

 

赤ちゃん、随分人間らしい姿に成長していました!

息子の時にも経験していますが、やはり感動です。

今回は大きめだね、と言われ、予定日は12月23日になりました。

友人の誕生日と同じ。そして天皇誕生日。そしてクリスマスイブイブ。

  

2人目だから早くなりやすいですか、と先生に尋ねましが、そんなことはないようです。

ただ、陣痛が来てから生まれるまでが早いと思いますけどね、とのことでした。

友人は1人目を予定日を過ぎてから、2人目を予定日きっかりに出産しました。

私の場合、息子は予定日より1週間早く産まれたし、どうなるかなー。

 

血圧も問題なく、尿蛋白もなし、体重も順調に増えてますね、とのこと。

体重が順調に増えている、なんて初めて言われました。

日本では体重増加のペースも問題ないです、くらいにしか言われたことなかったので、こちらもびっくり。

むしろ体重は増え過ぎかと思っていましたが、全然そんなことないそうです。

妊娠前 112lbs→1回目健診 117lbs→2回目健診 119lbsです。

パウンドだと実感がありませんが、キログラムに直すともう3kgほど増えてます…。

その前にアメリカに来て2kg増えているので、8kg増くらいで抑えたいな、と思ってます。

 

そして出生前検査について。

我が家は受けられる検査2種とも受けることにしました。

エコーでNT(首のむくみ)を調べ、血液検査と合わせ確率を見るものと、NIPTです。

そのための血液検査と予約の説明を受けました。

 血液検査は同じ病院内で健診の後に受けて帰ることができました。

NTを見るエコーとGenetic Counselingは電話をかけ予約を入れるように指示されます。

内心、また英語で予約の電話かぁ…と思わずにはいられませんでした。

 

体調も以前より良く、質問も特になかったので先生の診察は以上で終わり。

受付で4週間後の予約を入れ、採血へ向かいました。

階を1つ下り、2階のLaboratoryで用紙を受付でわたし、検尿を済ませしばらく待ちました。

名前を呼ばれ、個室ではなく、診察用の椅子?がずらっと並んだ場所で採血をしてもらいました。

 

全てを終え、車に戻ると4時を過ぎていました。

今回、夫が息子を見られないかも、と話しており、その場合は息子と行くしかない、と思っていたのですが、採血がなければ息子と2人で大丈夫だったなぁ、と思いました。

採血は別の日でも構わないとのことだったので、息子と一緒ならそうしてたかな。

結局は夫が息子を見てくれたので1日で健診と採血を済ませられて良かったです。

 

病院から自宅に戻り予約の電話を入れました。

登録している電話番号を伝えると、個人情報が全て分かるようで助かりました。

ただ、Mountain Viewに空きがなく、San Carlosまで行くことになりました。

行ったことのない場所、自分で運転して行く今までで一番遠出です。

不安…。

まずは無事にたどり着けますように!