アメリカで2人目妊活。

2016年12月、夫と1歳の息子とアメリカに引っ越してきました。不安だらけの海外での妊活を記録します。

アメリカで出生前診断、NIPTの結果。

先日受けたNIPTの結果が出ました。

ichi-manmaru.hatenadiary.jp

今回私が受けた機関はメールで随時連絡が入りました。

 

  • 1日目 ー 採血、申し込み完了&支払い金額の連絡
  • 2日目 ー キットを受け取ったとの連絡
  • 7日目 ー 結果が出たとの連絡

 

申し込んだ日からきっかり1週間。早かった!

結果は電話(留守電にメッセージが残っていました)とオンラインと両方で確認できました。

結果は全てnegative(陰性)でした。

やはり結果が出るまでは色々と考え、覚悟もしていたので、これで一区切りつきました。

 

我が家は性別も調べてもらったので夫、息子と皆で留守電のメッセージを聞きました。

お腹の赤ちゃんは女の子のようです。

息子は「いもうと」という言葉を覚えました。かわいい。

 

私は元気に生まれてきてくれれば性別は二の次だと思っていたのですが、夫は男の子の方が良かったみたいです。

男3人で遊びたかったようです。笑。

 

検査結果を受け、日本の両親にもテレビ電話で報告しました。

とても喜んでくれ、戌の日に安産祈願に行く、と張り切ってくれています。

息子妊娠時、つわりのひどい時はちょうど年末年始で実家で寝ていたので体調の心配もしてくれました。

つわりはだいぶ落ち着いた、日本人の先生に診ていただいている、と伝えると安心したようで良かったです。

 

つわりはピークを超えましたが、朝から動きすぎるとしんどくなるし、とにかく眠いです。

毎日息子とお昼寝です。

間食は相変わらずしています。

最近は果物、ヨーグルト、クラッカーとチーズなどが多いです。

そして便秘気味。チアシードを食べてみようかな、と思っています。

 

次の健診まであと2週間!