アメリカで2人目妊娠中。

2016年12月、アメリカに越してきました。2017年12月、第2子をアメリカで出産予定です。

2人目出産に向けてカーシートとストローラー問題。

12月に第2子の出産を控え、動けるうちにどんどん準備を進めたいのですが、カーシートとストローラー(ベビーカー)選びに迷走しています。

f:id:ichi-manmaru:20171011152215j:plain

現在ベビーカーを1台所有

まず、現在我が家にあるのは日本から持ってきたアップリカのベビーカー。

スムーヴという3輪のもので、エアタイヤです。

押しやすさ、息子の快適さ、を考慮して3輪+エアタイヤを選択しました。

購入時にスムーヴとエアバギーで迷ったのですが、生後1ヶ月から使えるスムーヴにしました。

エアバギーは確か生後3ヶ月から。でもマキシコシのカーシートを着けられます。

そう、ここで「アメリカへの移住=車生活」を見越してエアバギーを購入していたら今頃迷走していなかったはず…。仕方ありません。

スムーヴ自体の使い心地には大満足しています。不満が思いつかないくらいです。日本で1年と少し、アメリカに来てからも大活躍です。

本来なら3歳まで使えるはずですが、予想以上に大きく育っている息子、もう体格的に卒業しないといけません…。残念。

でもとてもしっかりしており、渡米前にメインテナンスもしていただき、タイヤも交換したので、まだまだ使えます。

トラベルシステムが魅力的

2人目もメインはスムーヴを使いたいのが本音ですが、現在はトラベルシステムの購入を検討しています。

トラベルシステムとは、新生児用のカーシートをベビーカーにも着けられるシステムです。

カーシートで赤ちゃんが寝てしまっても、カーシートに赤ちゃんを乗せたままカーシートごと車から降ろし、それをベビーカーに着けて移動することができます。カーシートから赤ちゃんを降ろして、ベビーカーに乗せ変える必要がないので、起こす確率もぐっと低くなります。

息子もよくベビーカーでお昼寝し、そのまま玄関で寝かせていたので、2人目にもこのトラベルシステムで朝寝、お昼寝、夕寝をゆっくりしてもらいたいところです。

トラベルシステム、何を優先するか

ただこのトラベルシステムも様々で、お値段もピンキリ。

さらに我が家にはすでに1台ベビーカーがあるのでますます迷ってます。

カーシート優先なら

カーシートだけで考えるとChicco Fit2が第一候補。

こちら新生児から2歳まで使えます。2歳までに魅力を感じているのはこの理由から。⇩

デメリットは、このカーシートを着けられるベビーカーの選択肢が他のものに比べてとても少ないこと。

ベビーカー優先なら

2台目なので、ベビーカーは日本でいうB型、アンブレラストローラーがいいな、と思っています。そこで、見つけたのがMountain Buggy Nano。

何よりも私たちが惹かれたのは、スクーターが着けられる、という点です。

2歳の息子が歩くのに疲れたら、これに乗せられるし、スクーターもまだ持っていないので丁度いいな、と。

デメリットとして、カーシートの取り付けが少し手間取りそう、折りたたみが難しそう、という点が気になっています。

セットで購入

Chicco Fit2とMountain Buggy Nano、このセットでは使えません。何を妥協するのか、優先するのか…。この際セットでカーシートとベビーカーをまとめて購入するのもありかな、と思っています。アンブレラストローラーならこの辺り。

GRACO

Breaze™ Travel System | gracobaby.com

MAXI-COSI

Maxi-Cosi Kaia Mico Nxt 

こちらは別々での購入ですが、同じブランドで揃えられます。

Chicco

Liteway PLUS Stroller

ベビーカーで移動時の息子をどうするか

現在、買い物、公園、図書館など、歩いて行ける範囲はベビーカーで移動しています。車に乗るよりベビーカーで外出する日の方が多いです。

産後の問題は、赤ちゃんはカーシート+ベビーカーで移動、その際息子をどうするか、という点です。

Mountain Buggyならスクーターを購入すれば解決です。他のものにした場合は?

割り切って車で移動してしまうのも1つの選択です。でも、やはり私も運動のためにも気分転換にも歩きたいし、息子も歩ける範囲で歩いて欲しい。

疲れた時にベビーカーに乗れるようにダブルストローラーの購入も考えましたが、大きくてかさばる、旅行などの移動には不便、日本では使い勝手がとても悪そう、とあまり魅力を感じず…。

Mountain Buggy以外を購入ならバギーボードのようなものの購入が有力です。

Homepage | BuggyBoard.info

2人育児の人はどうしてるのか

アメリカの公園で見かけるのはダブルストローラーが多いです。縦に2人、横に2人、どちらも見かけます。

バギーボードもたまに見かけますが、稀です。

あとはラジオフライヤーのワゴンで移動している人たちもよく見かけます。

これはアメリカだからこそだな、と思います。

日本の細々した道路事情、住宅事情だとなかなか難しいと思います。 

結論

日本への帰省や旅行も考えると、Mountain Buggyは迷うところです。ベビーカー自体はとてもコンパクトになりますが、スクーターを飛行機の旅行に持ち運ぶのは大変そうです…。

この点も考慮するなら、新生児用カーシート+アンブレラストローラー+バギーボードが無難かな、と思います。

ただ、スクーターは息子が絶対喜ぶのが目に見えているので、候補から外すのが惜しいです。

購入はレビューを色々見ると、アマゾンよりターゲットの方が返品などカスタマーサービスが良いみたいなので、ターゲットが有力です。

実際に店頭で見てから購入できれば一番ですが、店頭に並んでいるものも限られていて難しいのが現状です。オンラインショッピングが幅をきかせているからなんでしょうね。

また実際に購入したら報告したいと思います。

長くなりましたが、どこかで同じように悩まれている方の参考に少しでもなりますように。