アメリカで2人目妊娠中。

2016年12月、アメリカに越してきました。2017年12月、第2子をアメリカで出産予定です。

妊娠28週、アメリカで6回目妊婦健診。

前回は担当の先生がお休みでNurce Practitioner(NP)さんとの健診だったため、先生とお会いするのは2ヶ月ぶりでした。

ichi-manmaru.hatenadiary.jp

体重は前回より1.4kg増!、57.2kgでした。妊娠前から計6.2kg増です。

検尿、お腹の大きさ、心拍とも問題なし。胎動をよくおへそより下で感じるので聞いてみましたが、この日はちゃんと頭が下でした。ただ、息子は30週くらいまでぐるぐる回っていたので、これからまた回る可能性もありそうです。36週頃にエコーで赤ちゃんの位置をきちんと確認するそうです。

先生からは、グルコーステストの結果についても改めてお話がありました。妊娠糖尿病の心配はない、貧血も気にしないでいい値です、と。

ichi-manmaru.hatenadiary.jp

え!?と驚いてしまいました。NPさんから鉄剤を飲むように指示が来ていたのでサプリを毎日飲んでいます、と答えましたが、先生は「必要ない値ですよ、便秘にもなるし」と。基準値は男女の平均値で、妊婦ならヘモグロビン11くらいあれば大丈夫です、とのこと。私、180日ぶんの鉄剤購入しました…。先生に相談して、結局週3回の頻度で飲み続けることにしました。ビタミンCと一緒に飲んでください、ともおっしゃってました。オレンジジュースかみかんなどと一緒に摂るようにします。

他に今回私が質問したのは、

  1. 子供はインフルエンザの時期病院に入れないと聞いたが本当か
  2. 夜中足がつりめが覚めることが増えてきたが対策はあるか
  3. ドゥーラさんを決めたが、何か手続きは必要か

この3点です。

回答1、確かにインフルエンザの時期は子供は病院に立ち入ることができないことがある。ただ、インフルエンザの流行る時期なので1月後半から2月ごろの可能性が高い。確実ではないが、私の出産予定日だと大丈夫ではないか。

息子がインフルエンザの予防接種をしても、インフルエンザの時期だと入られない状況は一緒だそうです。

回答2、カルシウム摂取などもよく言われているが、就寝前に数分ストレッチをしてしっかりアキレス腱を伸ばすといい。ヒールの靴は避けて。

壁に向かってたち、壁に手を当てて、片足づつストレッチを数分(数十秒でなく)すると良いそうです。ヒールの靴、妊娠中は皆避けているものだと思っていたので驚きました!

回答3、特に書類等も必要ない。

2人目なので、お産も早いだろうし、ドゥーラさん要らないかもね、と先生に言われました。家族が周りにいない、息子がいるので夫が立ち会えないかもということを伝えると、そうですねー、といった感じでした。

この日は健診後にTdap(百日咳)とインフルエンザの予防接種も打っていただきました。夫も会社でインフルエンザの予防接種を受けました。息子のインフルエンザの予防接種をどうしようかな、と迷っています。病院の予約、2回の摂取を億劫に感じてしまい躊躇していますが、学校にも通っているし、万が一を考えると受けた方が良いのかな、と思ったり…。

f:id:ichi-manmaru:20171007133024j:plain
次回の健診は3週間後です。