アメリカで2人目妊娠中。

2016年12月、アメリカに越してきました。2017年12月、第2子をアメリカで出産予定です。

32週、追加エコー検査。

初期の検査でPAPP-Aの値が基準より低いということでひっかり、追加のエコー(ウルトラサウンド)検査を受けてきました。今回もMountain ViewのEl Camino Hospital内での検査でした。

前回の検査はずいぶん長くかかりましたが、今回は待ち時間も含め、1時間もかからず終了。当初は夫、息子と3人で行く予定でしたが、夫の仕事が忙しく、急遽1人で受けてきました。もし何か赤ちゃんにあったら、とも考えないこともありませんでしたが、毎日感じる胎動を信じて検査に臨みました。

息子は初ベビーシッターさんとお留守番です。私のかかっている病院(Palo Alto Medical Foundation)はエコー検査も子供同伴可能です。ただ、条件として妊婦の他に大人の付き添いが必要とされています。(子供がぐずったりして退室することを踏まえて。)そのため、息子と2人での受診は不可、シッターさんにお守りをお願いしました。

シッターさんは妊娠中期にメールでやり取りさせていただき、一度顔合わせも済ませていた方なので安心してお願いできました。息子も楽しい時間を過ごしたようです。前もって動いていて良かったです。過去の自分、グッジョブ!⇩

検査の結果は異常なし、成長も標準の範囲内とのことで一安心。前回は赤ちゃんの顔を4Dで見せていただいたり、CDRにエコーを焼いてくださったりしましたが、今回はこれらがなく少し残念。もちろん赤ちゃんが元気に育ってくれているのが何よりです。

ちなみに推定体重は2000g程、そこから予測される予定日は3日ほど早まっていました!その日程だと息子の学校がちょうど休みに入るのでいいタイミングなのですが、どうなるかなー!?

f:id:ichi-manmaru:20171103154337j:plain

今回のエコーは5回目。35〜36周あたりの健診でも赤ちゃんの体勢を確認するためにエコーがあるようです。なので私は計6回のエコー検査予定、アメリカではエコー回数が多い方な気がします。

⇩前回のエコー検査はこちら。