アメリカで2人目妊娠・出産

2017年末アメリカで第2子を出産、その記録。

アメリカで出産、入院中の食事編。

私の入院していた病院は食事をメニューの中から選ぶことができました。肝心なメニューの写真を撮り損ねたのですが、ハンバーガーなどもありました。ベジタリアン食ももちろん用意されています。この辺りさすがアメリカ!

食事は入院期間が短かったのでたった4食だけ。

①朝食:ベーグル、ソーセージ、フレンチトースト、ポテト、果物、ジュース、ディカフェコーヒー

f:id:ichi-manmaru:20180111151411j:image

②昼食:ジャスミンライス、テリヤキチキン、サラダ、温野菜、味噌汁、果物、エクレア、ジュース、ディカフェコーヒー

f:id:ichi-manmaru:20180111151438j:image

③夕食:ジャスミンライス、サーモン、温野菜、スープ、果物、エクレア、タピオカプリン、ジュース、ディカフェコーヒー

f:id:ichi-manmaru:20180111151456j:image

④朝食:鶏肉のお粥、ゆで卵、ギリシャヨーグルト、バナナブレッド、果物、ジュース、ハーブティー、ディカフェコーヒー

f:id:ichi-manmaru:20180111151459j:image

昼食・夕食のメインは1つのみ、その他はいくつでも頼めました。朝食にサラダや温野菜がなかったのは残念でしたが、毎食好みのものを頼めて良かったです。お米を食べられたのも嬉しかった!

タピオカプリンとヨーグルトはアメリカンな激甘で残しましたが、他は美味しくいただきました。果物は「Seasonal Fruits」と書かれていたのですが、なぜか南国を感じる果物が多かったです。夕食のサーモンが一番美味しかったかな。

インド系の方も多いからかカレーも種類が豊富だったのですが、ベジタリアンのものが多く、馴染みのないものばかりで何がいいか分からず頼みませんでした。

部屋のテレビを通して追加でゲストの食事を注文することも可能でしたが、こちらはメニューが分からない&1食15ドル程とお高め。子供のメニューもなかったので私達は利用しませんでした。旦那様が泊まって付き添ってくれる方には便利なサービスだと思いました。他にはDoorDashなどの配達サービスを利用する方もおられるとホスピタルツアーの際に病院の方がおっしゃっていました。

息子を産んだ日本の産院は個人病院だったこともあり、フレンチのシェフがいたり、食事もとても豪華でした。ですが、今回の入院食も十分美味しかったです。何より3食用意して部屋まで運んでいただける、ありがたい限りです!