アメリカで2人目妊娠・出産

2017年末アメリカで第2子を出産、その記録。

妊娠39週、アメリカで12回目の妊婦健診。

スポンサーリンク

まだ産まれてません。

1週間ぶり、39週の妊婦健診に行ってきました。

血圧、尿検査共に問題なし!体重は先週より0.7kg増の62.3kgでした。ひゃー!もっと体重増やして、なんて言われていた日が夢のようです。

今日も内診があり、子宮口は2cm以上開いているようで、子宮頸管もだいぶ薄くなってきており(具体的な数字は忘れてしまいました…)頭もすぐそこ、という感じのようです。わー!ドキドキわくわく。胎動もここ数日で随分下がってきたなぁ、と感じているので、会えるのももうすぐかな。

先生に心境を聞かれ、「楽しみだけど寂しいです」と答えました。

息子の時も同じ感情だったのですが、出産までの約10ヶ月、24時間一緒にお腹の中にいた子がポンといなくなり、産後はお腹に話しかけることも、胎動を愛おしく感じることももうできなくなるかと思うととても寂しいです。

ただ、今日先生と話していて、私の感情はは贅沢だったんだと気づかされました。つわりが辛かったり、体が思うように動かなかったり、早く妊娠生活を終わらせたい!と感じる妊婦さんも多くおられるそうです。私は幸い初期のつわり以外は特にトラブルもなく今日まで過ごすことができています。

出産予定日まであと数日ですが、現在も毎日息子と公園に行き、一緒に滑り台もしています。きっと出産当日まで変わらずに過ごすんだろうな、と思っています。ここまで本当に恵まれた妊婦生活を過ごせていることに改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

f:id:ichi-manmaru:20171220131555j:image