アメリカで2人目妊娠・出産

2017年末アメリカで第2子を出産、その記録。

【レビュー】boba wrap / ボバラップを実際に使ってみての感想、メリット&デメリット

スポンサーリンク

夫の育休が明けてからboba wrap(ボバラップ)を使っています。

使い始めて約3ヶ月が経ち、使い慣れてきたのでレビューをまとめます。

私の感じるメリットとデメリット、その他使用感や感想など、参考にしていただければ幸いです。

boba wrap / ボバラップとは

ボバラップは抱っこ紐の1種で、5m程ある長い布です。

抱っこ紐として人気のエルゴなどにあるバックルやマジックテープなども、一切ありません。

長い布を自分の体に巻き、その布と自分の体の間に赤ちゃんを入れて抱っこします。

ボバラップ【日本正規代理店商品】

使い始めた当時、娘は生後1ヶ月。

もちろん首も座っておらず、まだまだフニャフニャの赤ちゃん。

それでもボバラップの長い布1枚で抱っこすれば、両手がフリーになるんです。

なんか不思議。

現在生後4ヶ月、体重はもう直ぐ8kgに届きそう。

出生体重の倍以上の重さになりましたが、2〜3時間であればずっと抱っこしていても苦になりません。

f:id:ichi-manmaru:20180428150123j:plain

ボバラップで生後4ヶ月の娘を抱っこ、お昼寝中。

ボバラップ:メリット

  • 値段が40ドル≒4000円〜と、お手頃▷もし赤ちゃんが好きじゃなくても諦めがつきやすい!?
  • 色・柄が目移りするほど豊富▷色違いで欲しくなる
  • 新生児から使える▷追加で何かを用意する必要もなし
  • 伸縮性バツグン▷伸びにくいブランドものに比べ赤ちゃんの出し入れがスムーズ
  • 面で支えるので体の負担が少ない▷肩・腰が楽
  • 一度装着してしまえば赤ちゃんの出し入れがとても楽▷ベルトの調整やバックルの付け外しが不要
  • 赤ちゃんを抱っこしたまま授乳ができる▷これは慣れるまで難しいかも
  • 丸洗いできる▷洗濯機使用可(machine wash cold gentle cycle; do not bleach; tumble dry low)
  • ワンサイズなので1つを共用できる▷旦那さまとの体格差があっても大丈夫
  • エルゴなどより嵩張らない▷1枚の布なので赤ちゃんを抱っこしていない際は洋服を1枚多く着ている感覚
  • 抱っこすると赤ちゃんが落ち着く、寝る▷ぐずって仕方ない時はボバラップ

ボバラップ:デメリット

  • 夏日などは暑くなる▷25度以上になると暑く赤ちゃんがぐずりやすい
  • 出先での0からの装着が難しい▷とても長いので引きずってしまう
  • 抱っこすると寝る▷寝て欲しくなくても寝てしまうことも
  • 端が丸まってくる▷洗濯である程度落ち着くが、丸まった端が場所によっては当たって痛い
  • 洗濯後乾くのに時間がかかる▷我が家の乾燥機1回では乾ききらない
  • 体の硬い人には装着が難しいかも▷背中に手が届かないと1人でしっかり装着が難しい
  • よだれでベタベタになる▷エルゴなどのようによだれカバーを付けられない、丸洗いが必要

ボバラップの装着方法

長い布を体にぐるぐる巻きつけます。

YouTubeを見て数回練習し、すぐに1人でもできるようになりました。

使ってまず思ったのが着物の着付けに似ている、ということです。

背中側も自分の手でねじれなどないように調整しないといけません。

そしてボバラップの特徴でもある長い布。

どうしても装着の過程で引きずってしまいます。

自宅や支援センターのような屋内であれば問題は感じません。

ただ、公園やデパートなど屋外で装着して赤ちゃんを抱きたいと言う場合が困ってしまいます。

(引きずってもいい=汚れてもいいのであれば問題なし。)

私は屋外で引きずるのには抵抗を感じるので、外出先で使うかも、という際は予め自宅で装着して出かけています。

私がボバラップを使う場面

1番使うのは上の息子の学校です。

親子で参加するカリキュラムに通っているので、私も3時間ほど息子と一緒です。

赤ちゃん(=娘)も同伴可能ですが、学校のルールとして授業中は乳児用の持ち運べるカーシートか抱っこ紐の中にいるように、とあります。

3時間カーシートでじっともできないので、学校にいる間はボバラップで抱っこです。

外出前に自宅で装着し、学校に着いたら装着済みのボバラップに娘を入れます。

娘はここで寝たり起きたり。

授乳が必要な時も抱っこのまま。

他にはベビーカーの利用が難しい際(息子が自転車に乗る、階段を利用する)などにも重宝しています。

家事の最中にぐずった際にも使っていましたが、現在はおんぶに移行しました。

家事は抱っこよりおんぶの方が断然はかどります!

(おんぶ紐は好みの布で作っていただいたおんぶリンを愛用中。)

抱っこされた赤ちゃんの様子

幸い娘はボバラップが好きで泣くことなく抱っこさせてくれます。

夫の使うエルゴベイビーも好きなので、抱っこ紐全般が好きなのかもしれません。

(上の息子はエルゴベイビーが好きでなく、ベビーカー派でした。)

ただ、上述通り夏日以上になると暑いです。

そして赤ちゃんが寝てしまった際にはより暑く感じます。

夏日+お昼寝、となると娘は汗ばんでいます。

そして暑くて起き、ぐずって泣くこともあるので夏日以上の暑さの中利用は厳しいかもしれません。

もちろん夏日以上でも涼しい屋内なら問題なく快適です。

さいごに

実はボバラップが良さそう!と思い購入に至ったわけではありません。

購入動機はエルゴベイビーが合わないから何か他に必要だな、と思っていた折にたまたま店頭でボバラップがセールだった、というものです。

そんな巡り合わせで使い始めたボバラップですが、期待以上に快適です。

これからやって来る夏との相性が少し心配ですが、購入金額分は十分に活躍してくれています。

公式HPを見ると体重が20lbs(≒9kg)以上はボバラップよりボバキャリアの方が優れているようです。

ボバキャリアも見た目のシンプルなデザインが私好みで惹かれます。

ボバキャリア boba 4G baby carrier

ただ、もう1つ抱っこ紐を買うのは迷うところです。

今の気持ちとしては行けるところまでボバラップを使ってみます!

 

▽生後7ヶ月、まだまだボバラップ活躍しています!

▽大きさの比較もご参考までにどうぞ。