アメリカで2人目妊娠・出産

2017年末アメリカで第2子を出産、その記録。

【6ヶ月健診】身長、体重、健診内容など。

スポンサーリンク

先日娘の6ヶ月健診に行ってきました。

4ヶ月健診と内容は同じですが、私自身が他の赤ちゃんの成長記録をブログで拝見するのが好きなので、娘の記録も残しておきます。

▽前回の様子はこちら。

▽ハーフバースデーは結局写真を撮っただけで何もしませんでした。

f:id:ichi-manmaru:20180705125331j:plain

 

身長・体重、娘と息子の場合

今回上の息子の母子手帳を見返し、衝撃的な数字が並んでいたのでそちらも合わせて記載します。

娘の身長・体重(生後6ヶ月) 

身長:70cm

体重:8.5kg

先生に「あれ?9ヶ月健診だっけ?」と言われました。大きさ的には生後9ヶ月くらいのようです。

この2カ月で身長は4cm伸び、体重は500g増えました。パーセンタイルも88あたりで、すべて平均より大きめ。

体重の増えが緩やかになったけど、増えているので大丈夫だそうで一安心。

上の息子の同じ時期に比べ、よく動くことも関係してそう。

息子の身長・体重(生後6ヶ月)

大きい、大きい、と生後からずっと言われ続けている息子の記録。

身長:73cm

体重:10kg

2人とも出生体重は同じなのに、息子!特に体重!

そういえばこの時点でエルゴでの前向き抱っこができなくなったんでした。

夫が前向き抱っこをしたくて選んだエルゴ、約1ヶ月しか前向き抱っこできず残念な結果になりました。

もちろん息子の成長が一番なんですけどね。

娘はまだ前向き抱っこしていないので今度機会を見つけてしてもらいます。

先生とのお話

先生に伺ったのは、日焼け止め、歯ブラシ、アメリカの離乳食の目安、夜中頻繁に起きるようになってしまった、などなど。

お答えは以下の感じでした。

日焼け止め

直射日光に当たる場所に出かける場合はやはり塗ったほうがいい。もちろん大人も。

歯ブラシ

2本しっかり出ているのなら始めたほうがいい。母乳は虫歯にならないが、粉ミルクと離乳食は歯石もつくし気をつけて。

アメリカの離乳食

日本のように◯ヶ月は小さじ◯杯、のような目安のチャートのようなものはない。よく食べるようであればどんどんあげていい。日本はすごいねー!

夜泣き対策

授乳して安心させてあげるのもいいけど、少し我慢して泣かせるスリープトレーニングしてもいい時期。あとは急成長する時期で色々変化していて夜泣きしているのかも。

予防接種

4ヶ月健診と同じく、経口1種、太ももに注射2本でした。

娘はもちろん大泣き。頑張りました。

今回も副作用は見られず良かったです。

離乳食も始めてます

生後6ヶ月に入り離乳食もはじめました。

息子の際には知らなかったのですが、今回は「補完食」も参考に。

これはまた別で書きたいと思っています。

 

こんな感じで健診終了。

次は9ヶ月健診です。

その前に上の息子の3歳児健診!