アメリカで2人目妊娠・出産

2017年末アメリカで第2子を出産、その記録。

赤ちゃんの上からかぶる服、簡単便利な脱がせ方!

こんにちは。

第2子の娘も早いもので2ヶ月です。

今日は娘に着せている洋服についてです。

新生児の頃は前開きのものをよく着せていましたが、生後1ヶ月頃から頭からかぶるものも着せ始めました。

▽所謂こういったボディースーツです。

f:id:ichi-manmaru:20180218161507j:image

ただ、日本では首が座る(生後3〜4ヶ月頃)まで前開きの洋服が便利、と周りからもよく言われました。

アメリカのベビー服事情

新生児からかぶるタイプ

ここアメリカ、ベビー服は新生児サイズも頭からかぶるボディースーツタイプのものがとても多いです。

娘を出産した病院で用意されていた肌着もかぶるタイプのものでした。

着せるのが難しそう

首すわり前の赤ちゃんにかぶるタイプの洋服を着せるなんて!と難しく感じるかもしれません。

わたしも最初はそう思いましたが、必要なのは慣れです!数をこなせば上手になります。

あえて言うなら、両手の親指と人差し指で洋服を持ち、残りの指で赤ちゃんの首を支え、すぽっと素早く頭を通す、という感じでしょうか。

慣れると手放せない

慣れてしまえばスポットかぶせるだけなのでとても楽です。

家の中だけならこれ1枚で過ごすこともあります。肌寒かったり、外出時にはズボンを履かせています。

着せるのは慣れなので回数を重ねるのみだと思うのですが、ここで簡単に脱がせる方法をシェアさせてください!

簡単・便利な脱がせ方、実践! 

▽ボディースーツの様な頭からかぶるタイプのベビー服で、前身頃と後ろ身頃が重なるように縫製されているものならこの方法が使えます。

f:id:ichi-manmaru:20180222162218j:plain

重なっている部分を広げ、肩を出し下げます。

▽簡単に肩が出て、手も抜けます。もう片方も同じように。

f:id:ichi-manmaru:20180218160402j:image 

両肩&両手が出たら後は胸、お尻を通って足先から脱がせるだけです。

この脱がせ方、何がすごいかというと、ウンチが背中などから洋服まで漏れた時にとても便利!

上でなく下に脱がせるので、顔や髪の毛に付かないように、と頑張る必要ゼロです。

ちなみにうんち漏れ、英語では「poonami」と呼ばれています。poo(うんち)+tsunami(津波)=poonami(プーナミ)です。

ネットが教えてくれた

私はこの方法、ネットで見かけるまで知りませんでした。すぐに夫にも教え、2人でその便利さ&簡単さに感動しました。

こういうのも母子学級とかで教えてくれればいいのに。少なくともわたしの周りでは誰も教えてくれませんでした。

本当にネット時代万歳ですね。

最後に目から鱗な脱がせ方、YouTubeも貼っておきます。 


Mumsnet Nappy Hacks