アメリカで2人目妊娠・出産

2017年末アメリカで第2子を出産、その記録。

賃貸アパート、ブラインドしかない子どもの寝室を暗くする工夫。

スポンサーリンク

サマータイムが始まった頃から、娘がなかなか寝てくれないことが増えました。

特に昼寝!

ベビーベッドに入れて寝付くまでの時間が長い〜。

原因はいろいろあると思うのですが、そのうちの1つと思ったのが、

「部屋が暗くならない!」

です。

 

我が家の寝室環境

アメリカで賃貸アパート暮らしです。

窓にはアメリカではよく見る、ブラインドのみが付いているスタイル。

これ、目隠しにはなるのですが、日差しは全く遮ってはくれないんですよね…。

全く暗くならないので、今までは遮光カーテンを上から被せていました。

 

改善に用意したもの

私の住む地域、現在の日の出は6時前、日の入りは20時過ぎ、とかなり日が長いです。

遮光カーテンでも上下左右から光が漏れてきます。

それが特に日差しが強い良いお天気だと、寝室が薄明るい感じになり、とても気になっていました。

そこで賃貸でも簡単にできる対策はないかと色々検索した結果、

  • 遮光の布
  • 3Mの貼ってはがせるテープ

この2点を購入しました。

 

ご参考までに、私はアメリカのAmazon.comでこれらを購入しました。

Roc-lon Blackout Drapery Lining White Fabric by The Yard

Command 3M Picture Hanging Strips

 

設置のポイント

  • 窓枠より大きめに布を用意すること。
  • 上部はできるだけ天井近くに、下部分はできるだけ長く床近くにすること。

あとは上下左右全ての辺にテープを適当な間隔で貼って壁に付けます。

f:id:ichi-manmaru:20190522032910j:plain

壁と布の間に貼ったテープの厚みによって、どうしても若干の隙間はできてしまいます。

真っ暗闇とはなりませんが、それでもだいぶ暗くなりました!

賃貸&部屋の作り的にもうこれ以上は望めないかな、という感じです。

 

他にもこんな方法が

窓に直接貼る遮光シートもあります。

【真っ黒 超遮光】 遮光シート 貼ってはがせる窓用フィルム

これなら窓にぴったり貼れるし、かなり暗くできそうです。

ただ、我が家は契約ルールでアパートの外見を変えることができないので使えず残念。

 

良い睡眠に適した寝室

寝室を暗くすることで赤ちゃんがぐっすり寝てくれるかも!?

こちらの本にも書かれていました。

赤ちゃんの睡眠にお困りの方は、一度寝室の遮光を見直すのも改善に繋がるかもしれませんね!

 

ホワイトノイズマシンも少し前に新しいものを購入しました。電源が電池&アダプターと2種あるものだと、自宅でも旅先でも使えて便利です!

快眠グッズ ホワイトノイズマシン

 

以前購入したサマーのものは可愛かったのですが機能がいまいちで、今はぬいぐるみとして遊んでいます。

Summer infant メロディーズ ラム