アメリカで2人目妊娠・出産

2017年末アメリカで第2子を出産、その記録。

【ねんトレ】オススメ本『ママと赤ちゃんのぐっすり本』レビュー

スポンサーリンク

ねんねトレーニング=ねんトレを再開し、1週間が経ちました。

その後経過は順調です、と言いたいところなのですが、毎日ギャン泣きしています。

朝寝も昼寝も夜の就寝も…、いろいろ辛いです!

ねんトレ、おすすめの本

先日、新たに日本のアマゾンで本を購入しました。

それが『ママと赤ちゃんのぐっすり本』です。 

 

帯には「科学的に裏付けされた最強プログラム」と記載があり、期待が膨らみます。

著者は日本人で初めて国際認定資格を取得された愛波文さん、なんだか心強い!

愛波文さんはアメブロもされていて、こちらもとても勉強になります!。

日本人初・乳幼児の睡眠コンサルタント~科学的根拠に基づいた子どもの睡眠知識をお届け~

(日本のアマゾンで『親子の食育BOOK』と2冊購入し、アメリカまでの送料は1,246円でした。)

 気になる本の内容

私は上の息子の妊娠時からねんトレ関連の書籍は色々読んできました。

f:id:ichi-manmaru:20181004161222j:plain

私が持っている知識や考えははこんな感じです。

  • 書籍では特にジーナ式を意識しつつ、シアーズ博士のペアレントアタッチメントにも共感を抱く
  • 上の息子が通う親子参加型(co-op preschool)では親が子育ての知識を学ぶ機会に恵まれている
  • アメリカで通う小児科で聞く話、そこで教えてもらう信頼できるウェブサイトからの情報

『ママと赤ちゃんのぐっすり本』は、私が上記3点から知っている内容が8〜9割でした。

でも、裏を返すと、私が様々な方法で3年程かけて得た知識がこの1冊にぎっしり詰まっています。

そして知らなかった、勘違いしていた点も多々ありました。

さらにはねんトレの詳しい方法(これはジーナさんの本でも詳細の記載がなかった点)が記載されており、しかも2通り!

日本人向け、と筆者は仰っており、所謂「おやすみの挨拶の後は、泣いていても翌朝まで寝室のドアを開けない」というものではありません。

(それでもやはり1人で寝る練習なので過程で泣く子が大半だと思いますし、覚悟を決めてください、と書かれています。)

私が好印象を受けたのは、

  • ねんトレの前に睡眠の大切さや土台づくりの重要性がまず書かれている
  • ねんトレを読者全員に推奨しているわけではない

という点です。

ねんトレ2日目が終わって

ややこしい表記ですが、自己流でなく、本書に沿ってのねんトレ2日目を終えました。

f:id:ichi-manmaru:20181004161355j:plain

私は2つあるうちの「タイムメソッド」を選んで実践しています。

娘は後追いもあってか、私が寝室を出るともちろん泣きます。

ただここで私が折れてしまうと、この後また大変になるのは息子で経験済み。

(日中も夜も添い寝が必須になる、寝かしつけに時間がかかる、早くにお昼寝をしなくなる、など)

息子の時は大変でしたが、専業主婦で子供が1人だったこともあり、なんとか対応してここまできました。

ですが今回は1人でなく、2人育児。

この先のことを考えると、今が絶対踏ん張り時です。

もちろん親として泣かせたくはないですが、心を鬼にして本書にある「2週間」を目標に続けます。

1番オススメの本

「オススメのねんトレ本は?」と聞かれたらこの『ママと赤ちゃんのぐっすり本』を推薦します。

 

ねんトレ始めてみたいけど何をすればいいのか分からない、ねんトレした方がいいのかな、など考えておられる方はぜひ手にとってみてください。

ねんトレに興味がなくても、子ども(0〜5歳)の睡眠について知識が深まります。

SIDS(乳幼児突然死症候群)についても日本政府のサイトより詳しい印象を受けました。

これから出産を控えている方へのプレゼントにも最適!

プレママクラスや産院で推薦図書などとすることは難しいのかな。

本書の知識が少しでも広がれば、寝不足や鬱のお母さんやお父さんを少しでも減らせそうなのに。

気になる方は、愛波文さんのブログに目を通してみるのもオススメです。

私事つぶやきですが…

娘のねんトレで良い結果が出たら、ゆくゆくは愛波文さんがされている「 子どもの睡眠教育プログラム」を受講したいな、と考えています。

f:id:ichi-manmaru:20181004162726j:plain

子どもを通じて仲良くなった友人(お母さん)達とは必ずと言っていいほど「睡眠」が話題に登ります。

  • お昼寝はする?
  • 夜は何時間寝る?
  • 夜中何回起きる?
  • 1人で寝られる?

「寝かしつけ」って思い返してみても、プレママクラスや産院などどこでも習わないですよね。

「寝る子は育つ」という言葉があるように、子どもの睡眠は(もちろん大人もですが)とても大切です。

知識を深め、悩んでいたり困っている子育て中の方々の力になれたら嬉しいな、とぼんやり考え始めました。

他には産後ドゥーラや食育関係の勉強もしてみたいです。

 

 

 

▽「ぐっすりノイズ」 としてこちらをiHerbにて購入しました。
届いたらまたレビューします◎

f:id:ichi-manmaru:20181004154923j:plain

Summer Infant, ラム、ママのメロディー、生後0ヶ月以上 - iHerb.com

iHerbクーポンコード、よければ使ってください◎

  • 「AST3765」利用で5%オフ
  • +「JP2018」利用で$10オフ(新規会員で日本から$40以上の注文)
  • +「WELCOME5」利用で$5オフ(新規会員で$40以上の注文)