アメリカで2人目妊娠・出産

2017年末アメリカで第2子を出産、その記録。

【アメリカ育児】パンパースからパンツタイプ、履かせるオムツが新発売!

スポンサーリンク

アメリカで出産、子育てするに当たり、悩むのがオムツ。

f:id:ichi-manmaru:20190520025128j:plain

私は日本からアメリカに移住するまで、パンパースがあるから大丈夫!

日本もアメリカも同じでしょ、と思っていました。

ところが国が変われば製品も違い…。

 

アメリカでも履かせるオムツ!

私の知る限り、今までは、履かせるタイプのオムツはハギーズの1種類のみ。

あとはトレーニングパンツを早めに使い始めるか、という選択でした。

そんな中、パンパースから新製品が出たようです!

『Pampers Cruisers 360° FIT』

youtu.be

公式サイト

https://www.pampers.com/en-us/diapers-wipes/pampers-cruisers-360

これは見る限り日本の製品にかなり近いのでは!

横もハギーズのようにテープでないので、伸びも良さそう。

そしてさらに驚きなのが、

「使用後に丸めて捨てられるようにテープがついている!」

という点!!!

日本では当たり前のこのテープ、アメリカでは見かけたことがありませんでした。

 

ただし価格はお高め

やはり日本でもそうですが、テープタイプよりもパンツタイプの方がお高めです。

ターゲットの口コミでも、価格の評価が低め。

娘は現在サイズ5なので、その価格を比較してみます。

 

Pampers Cruisers 360° FIT

新発売されたパンパースのパンツタイプ。

現時点でのターゲット価格。

52枚入りの箱(24.99ドル)を2箱購入で、ギフト券で10ドル返ってきます。

この割引も含めて計算しても、1枚あたり0.38ドル。

うーん…。

 

ABBY&FINN

こちらは我が家が定期購入しているオーガニック系の紙オムツ。

テープタイプですが、そこまで不便は感じていません。

1回の配達は138枚入りで45ドル。

1枚あたり0.33ドルです。

価格帯&定期的に自宅に届くことからも我が家の場合はこちらに軍配が上がります。

 

選択肢が増えるのは心強い

どちらにしろ、紙オムツ含む紙製品、アメリカはお高いです。

これからアメリカへ引っ越し、船便でたくさん荷物が運べる、という方は日本からの持ち込みが賢明かもしれません。

アメリカ在住だけどパンツ式の紙オムツが好み、という方には、ターゲットの口コミも価格帯以外は良いものが多いので朗報なのではないでしょうか。

ただ、この製品も他と同様に、パンパース特有の匂いがあるかもしれないのでお気をつけください。

私も安売りで定期購入しているものと同じくらいの価格で購入できれば、一度試してみたいです!