アメリカで2人目妊娠・出産

2017年末アメリカで第2子を出産、その記録。

アメリカで出産、1週間健診&2週間健診。

スポンサーリンク

娘の1週間健診と2週間健診の記録です。

アメリカにて普通分娩で娘を出産し、生後2日で退院しました。あっという間の退院なので、その後の経過は随時小児科にて診ていただくことになります。ふにゃふにゃの新生児を連れての外出、ドキドキでした!

健診の時期や頻度は診ていただく先生の方針にもよると思いますが、娘は生後1週間と2週間の健診でした。次は生後1ヶ月の予定です。

健診内容は日本と同じ流れで、看護師さんによる身長・体重・頭囲などの測定、その後先生による診察という感じです。ただ母子手帳の記入などはないので、私は口頭で聞いたものを覚え、それを自分で書き込んでいます。言えば書面でも頂けるのかな?

f:id:ichi-manmaru:20180117150547j:plain

まず1週間健診

娘はこの日、出生体重(約3500g)よりまだ約170g軽いことを指摘され、母乳の後に粉ミルクを足すように指導を受けました。粉ミルクを足す頻度は1日3〜4回から毎回でもいい、あげる量は飲みたいだけ、まぁ30〜40mlくらいかな?と、ざっくり。

てっきり産後すぐの頻回授乳もあり、母乳はしっかり出ているもんだと思っていたので驚きました。娘がごくごく飲んでいる音もするし、授乳していない方からはぽたぽた母乳も出てくる状況でした。でもまぁ体重が減ったままでは心配なので、帰宅後から粉ミルクを足すことにしました。

夜は準備が辛いので、日中だけ母乳の後に粉ミルクを足して様子を見ることに。毎回約 60ml(2oz)用意して、飲んだのは5ml〜40ml。1日で計100ml程度でした。そんなに飲まなかったので、やっぱり母乳飲めていた気がしています…。

その後2週間健診

正確には生後13日での健診でした。体重は3720g、前回の測定から390g増!1日約65g増えた計算です。これはむしろ増えすぎでないの!?やっぱり粉ミルク足さなくてよかったんじゃ…。

実は1週間健診の測定はいつもと違う看護師さんで、正直あまり感じがよくなかったのです。なので失礼とは思いつつ、夫とその時の測定値そのものを疑っています。笑。

何はともあれ2週間健診の後は母乳のみで、今のところ問題なくぷくぷく大きく育ってくれているようです。

今回の話をドゥーラさんにもしたのですが、粉ミルクを足すタイミングは先生の方針によって様々なようです。体重を早く戻したい先生、母乳育児を推奨する先生、などなど。

私は1週間健診で最低でも出生体重よりマイナス50gくらいでないと、と言われました。

この基準も人によっては、生後10日で出生体重に戻るようにと指導する先生、生後2週間で、生後1ヶ月で、と本当にバラバラなんだそうです。これ!という正しい答えは難しいのかもしれませんが、私は何よりも、赤ちゃんが元気かどうか、お母さんが辛い思いをしていないか、が一番大切だと思います。

そうそう、1週間健診の日は退院後初めての家族4人での外出だったのですが、荷物&人が多すぎて肝心なダイパーバッグを忘れてしまいました!健診後にオムツを替えてあげたかったけどできず…。娘、ごめん!