アメリカで2人目妊娠・出産

2017年末アメリカで第2子を出産、その記録。

離乳食&幼児食、我が家の取り分けメニュー紹介。

スポンサーリンク

娘も生後9ヶ月となり、食べられる食事も随分幅が出てきました。

取り分けできるメニューも少しづつ増えてきているので、ご参考になればと思い、ご紹介します。

スロークッカーを使うメニューもありますが、これは本当にオススメ調理器具!

離乳食の取り分けにはもちろん、妊娠中や産後すぐであまり台所に立てない際にもあると便利です。

▽これは結局不具合で返品し、NINJAのものを使っています。

では、よく作る我が家の取り分けメニューをご紹介します。

取り分けができると離乳食の準備が本当に楽ですよ〜。

 

パプリカのオーブン焼き

f:id:ichi-manmaru:20181019135451j:plain

これは離乳食初期からできる取り分けメニュー。

メニューといってもパプリカを半分に切り、ヘタと種を取り除きオーブンで30分ほど焼くだけ。

パプリカの皮に焼き色がつくくらい十分に火が通ったら、皮を手でむきます。

離乳食取り分けメニュー

初期はブレンダーなどでペースト状に。

その後包丁で叩いて荒いペースト状、みじん切り、粗みじん切り、と大きさを調整してください。

おかゆに混ぜても、他の野菜と和えても、大抵は美味しいです。

幼児メニュー

一口大に切るだけ!

3歳の息子はアメリカに来てから初めてパプリカを食べましたが(当時1歳半)、それ以来大好物です。

味付けしないでもほっておくと1個分くらい食べてしまいます。

大人メニュー

そのまま付け合わせにしてもよし、オイルや酢でマリネしてもよし、サラダに入れてもよし、味が濃縮されて美味しいです。

彩も添えてくれて目にも嬉しい!

 

日本風カレーライス

f:id:ichi-manmaru:20180917151827j:plain

娘には生後8ヶ月からカレーの具材を取り分けています。

カレーは取り分けメニューの王道!

日本の給食に出てくるようなオーソドックスなカレーを作るだけです。

我が家の基本的な具材は人参・玉ねぎ・牛肉、野菜は溶けちゃうのでたっぷりと。

たまにジャガイモや豆類も入れます。

具材と水をスロークッカーに入れ数時間煮込みます。

離乳食取り分けメニュー

数時間煮込み、箸で簡単に肉がほぐれ、野菜が割れるようになったら取り分けます。

取り分けた分はマッシャーやフォークで小さくし、お粥やうどんなどにかけて。

カレー粉なしカレー、カレー粉なしカレーうどんの出来上がりです!笑。

幼児&大人メニュー

離乳食分を取り分けたらカレー粉を入れ、さらに数時間煮込み、ご飯と一緒にいただきます。

カレー粉は創健社さんの中辛を使っています。(ニジヤさんで買っています。)

中辛を使っていますが辛さも気にならず、3歳息子も大丈夫。

6皿分とありますが、野菜をたくさん入れるのでいつも10皿分くらいできます。

1度で当日分、翌日分、冷凍分、とでき大助かり!

 

トマトと豆のスープ

f:id:ichi-manmaru:20181016132743j:plain

これは「ブラックアイドビーンズ」という変わった豆を息子がスーパーで見つけ「食べる!」と買ったものをスープにしたものです。

いざ作る段階になり、これは取り分けができそう、と思い娘の分も用意してみたらよく食べてくれました!(生後9ヶ月)

レシピも適当。

豆を水で戻し、あとはスロークッカーで野菜と一緒に煮込むだけ。

カットトマト、玉ねぎ、人参、セロリ、しいたけ、ローズマリーなどと一緒に煮込みました。

野菜の水分の様子を見つつ、水も好みの量加えてください。

カットトマトは缶詰だとBPAが気になるので、パックのものを使うようにしています。

 

離乳食取り分けメニュー

数時間煮込み、野菜や豆が簡単に潰せる柔らかさになったら取り分けます。

(しいたけ、ローズマリーは食べるのが難しいので取り除きます。)

マッシャーやフォークで食べやすく潰し、あとは炭水化物と一緒に出せば完璧!

幼児&大人メニュー

離乳食分を取り分け後、塩麹と胡椒で味を整えます。

パンと一緒にいただきます。

▽塩麹は手作りしていますが、混ぜるだけでとっても簡単にできます。

パスタを入れて、ヌードルスープにしても美味しそう。

 

タコライス

f:id:ichi-manmaru:20181017160726j:plain

これは息子との取り分けメニューでずっと作っているのですが、生後9ヶ月の娘にも取り分けられました。

▽レシピはこちらも参考にしてください。

離乳食取り分けメニュー

タコミートにスパイスを加える前に取り分け、トマトを加えよく煮込みます。

十分に柔らかくなったらお粥の上に盛り付けて出来上がり。

▽この方法でお粥とごはんを同時に炊飯器で炊いています。

幼児メニュー

ご飯にチーズ、スパイスなしタコミート、レタス、トマト、と順に盛り付けて出来上がり。

大人メニュー

ご飯にチーズ、タコミート、レタス、トマト、と盛り付けて出来上がり。

好みでサルサをかけると美味しいです。

 

手抜き万歳!

ご覧いただいてわかるように、娘の離乳食は未だにワンプレートが多いです。

離乳食の本に載っているように、主菜、副菜、汁物、と用意するのが理想なのかもしれません。

離乳食だけ作るのならそれも可能ですが、現実問題は他の家族の食事も用意して、洗濯、掃除、買い物、お散歩、お昼寝…、時間が足りない!

なので出来る範囲で十分だと思っています。

インスタ映えなんて気にしないで、赤ちゃんが元気に大きくなって入ればそれで十分。

手抜きできるところは手を抜いて、その分赤ちゃんとゴロゴロ遊んだり、一緒にお昼寝したり、楽しみましょう〜!

 

 

 

 ▽日本ではこのスロークッカーを使っていました。カレーが美味しくできます!